医院開業までの道

医院開業の為に

医院開業の失敗例から学ぶ

医院開業の失敗例から学ぶ 医院開業をされる医師は誰でも、周辺地域のアクセスの便利さや人口、他のクリニックのリサーチなどを入念に行なった上で場所やテナントビルを選ばれると思います。
ですが、医院開業した年間約5,800人のうちの約1,000件のクリニックが5年以内に廃業に追い込まれているという現実があります。
都心ならなおさらというデータもあります。
失敗例は数多くありますが、中でも多いのが、勤務医を長く続けたくないけど大学病院の教授になる道もなかった為、それらと違う方法の一つとして開業したというケースです。
開業医がこれらの2つと決定的に違うのは、医師であると同時に経営者であるという点です。
どんな小さな店や通販サイトでも、経営者であれば考えることが一般スタッフの3倍以上あるのは当然と言えます。
せっかく、医師としての腕が一流でも、経営者としての才能や努力が足りなかった為に廃業してしまうのはとてももったいないですよね。
開業医が増え続けている今、医院開業で成功するのは決して簡単なことではありませんが、事前のリサーチはもちろん、人材育成や資金繰りなどを時にはプロの知恵も借りながら成功させて立派なクリニックを地域に根ざしてください。

勤務医から始まった医院開業

勤務医から始まった医院開業 病院での勤務医から医院開業を志す場合、いくつか注意しておかなければならない点があります。
1つは、現在勤務している病院との関係を良好に保つようにして退職の準備を進めることです。
急に辞めるとなると病院や他の医師、患者さんに迷惑がかかりますし、今後病院から患者さんを紹介してもらえなくなる恐れがあります。
事前に相談をして、後任の医師がきちんと決まってから退職するのがよいでしょう。
また医院開業の場所の選定ですが、患者さんが見込める場所を探すのはもちろんですが、できれば今の病院からある程度近いところを選ぶほうがよいでしょう。
病院時代の患者さんが続けて通ってくれることもありますし、新規の患者さんを前病院へ紹介する際にも距離が近いほうが患者さんの負担も少なくなります。
また勤務医時代には医療行為のみに集中することができますが、開業すると医者であると同時に経営者にもなることになります。
テナント料や医療器材などのレンタル・購入などの資金調達、看護師や受付事務スタッフの採用などにも携わることになります。
またレセプト提出などの事務作業にも関わらなければなりません。
後で後悔することのないよう、資金面のことに関しては専門のファイナンシャルプランナーや税理士などに相談しながら、綿密な計画を練ってから開業に踏み切るほうが良いでしょう。

医院開業関連リンク

運営支援や運転資金の貸付も行っており、経営基盤の早期安定化が可能です。

医院開業をお手伝い

Copyright © 医院開業までの道 all rights reserved.